Sunday 11 Jul, 2010

25の練習曲より「乗馬」


音源 : Boston GP-156
録音機: TASCAM DR-07
奏者 : ボストン40歳

む、むずかしいあせあせ(飛び散る汗)
テンポのキープ、スタッカートとスラー、タッチの強弱・・・
細かく挙げると大変だぁふらふら

譜面によっては「貴婦人の乗馬」
なんて日本語タイトルもあるようだが、
私のピアノに貴婦人は・・・見当たらないバッド(下向き矢印)(笑)

気に入らないところは多々あるが、トータルで上手くいくことは稀・・・
いつまで経っても仕上がらなく、今回もテンポが歪んでてとても気に入らないが、
ここでいつまでも止まりたくはない。

次、つばめの録音に挑戦だ手(グー)
posted by Boston at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブルグミュラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sunday 25 Apr, 2010

<<連弾>> 歌劇トゥーランドットより 誰も寝てはならぬ


音源 : K.KAWAI (型番不明:セミコンサートグランド)
録音機: Panasonic NV-GS120
プリモ奏者:小6男子(ピアノ歴8年)
セカンド奏者:ボストン40歳(ピアノ歴7年)

ピアノ発表会での演奏
中盤崩れかけたが・・・
まずまずの出来だ手(チョキ)
(4月30日掲載)
posted by Boston at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | プッチーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wednesday 23 Dec, 2009

25の練習曲より「バルカロール(舟歌)」


音源 : YAMAHA DUP-7
録音機: TASCAM DR-07
奏者 : ボストン40歳

相変わらずテンポをキープできず・・・
どうしても次の音を出したがる。
気に入らないところも無くはないが、まぁボチボチってことで

一度、身についてしまった演奏は
なかなか変えられないのだ・・・バッド(下向き矢印)
posted by Boston at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルグミュラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Saturday 17 Oct, 2009

25の練習曲より「別れ」


音源 : Boston GP-156
録音機: TASCAM DR-07
奏者 : ボストン40歳

難しいなぁ〜、これ小学生でも弾くの?
いつまで経っても右手と左手が絡み合ってこないんだよなぁ・・・
右手はいつまでも縺れてるし。

最後のラドシラ(ド)ミラ、括弧の箇所が一部聞こえないけど、
まっいいか(笑)
posted by Boston at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルグミュラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thursday 27 Aug, 2009

25の練習曲より「せきれい」


音源 : YAMAHA DUP-7
録音機: TASCAM DR-07

ようやく・・・
まだ満足できるレベルではないが、もっと他の曲も練習したいので、このへんで。
最後、右手が相当突っ走ってるのだが、そんなのを記録に残しておいてもいいだろう。
後で自分で笑ってやればいい。

そんな時が来ることを信じてぴかぴか(新しい)
posted by Boston at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルグミュラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Saturday 1 Aug, 2009

25の練習曲より「シュタイヤー舞曲」第2弾


音源 : Boston GP-156
録音機: TASCAM DR-07
奏者 : ボストン39歳 (ピアノ歴6年)

間違えて覚えてたので録り直し。
久しぶりのグランドピアノ、気持ちイイ〜!

でも電子ピアノでの弾き方が癖になってて、弾きこなせてない・・・
音も安定してない・・・
テンポも突っ走ってるし・・・
まっ、今の実力はこんなところだ。

しゃーないあせあせ(飛び散る汗)
posted by Boston at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルグミュラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thursday 30 Jul, 2009

25の練習曲より「シュタイヤー舞曲」


音源 : YAMAHA DUP-7 (Line out)
録音機: TASCAM DR-07
奏者 : ボストン39歳 (ピアノ歴6年)

この曲、テンポ保つの難しい!! どうしてもどんどん早くなってしまう。
それに電子ピアノで弾くと、細かな音の調節できない!
・装飾音のところ、うまく反応してくれない。
・強弱の差が狭いのも気になる。
よって何十回録っても気に入らない・・・

しかし生ピアノで録音を繰り返すことは、とても迷惑で出来ない・・・
今回はここいらで諦めようか。


<< 7月31日追記 >>
間違ってる。
複数箇所、レ#をナチュラルで弾いてる・・・
その他、気になる箇所も
録り直しだ(-_-)
posted by Boston at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルグミュラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tuesday 7 Jul, 2009

25の練習曲より「コンソレーション」第2弾


音源 : YAMAHA DUP-7 (Line out)
録音機: TASCAM DR-07
奏者 : ボストン39歳 (ピアノ歴6年)

第2弾である。
「poco riten」「a tempo」が抜けてる・・・とのご指摘
確かに・・・

録り直してみた。ただ、ritenを入れるにはもう少しテンポを上げないとバランスが悪い。しかしそう簡単には修正できる筈もなく、バタバタとした演奏になってしまった。特に後半テンポが崩れて・・・
posted by Boston at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルグミュラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sunday 5 Jul, 2009

25の練習曲より「コンソレーション」


音源 : YAMAHA DUP-7 (Line out)
録音機: TASCAM DR-07
奏者 : ボストン39歳 (ピアノ歴6年)

もういいかな。
不満な点は左手の和音がバラつくこと、右手の親指の離れが早いこと、最後のほうでテンポがやや速いこと・・・
と、幾つかあるが、他の練習曲を弾いてるうちに解消されるであろう・・・
posted by Boston at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルグミュラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Saturday 7 Mar, 2009

<<連弾>> ピアノ協奏曲第1番ホ短調(作品11) 第1楽章より


音源 : Boston GP-156
録音機: TASCAM DR-07
プリモ奏者:小4男子(当時ピアノ歴7年)
セカンド奏者:ボストン39歳(当時ピアノ歴6年)

ピアノ発表会「前日」の録音
本番ではセカンドが奏者がボロボロに・・・
(2009年5月29日掲載)
posted by Boston at 20:10 | Comment(0) | ショパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする